院長あいさつ

院長あいさつ

2022春 年頭所感

 令和4年の新春を迎え、謹んでお慶び申し上げます。

 昨年は、一昨年同様COVID-19感染症の嵐が社会に吹き荒れ医療が疲弊した一年でした。 COVID-19感染症の影響で、お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈り申し上げるとともに、身体面や精神面、生活面で影響を受けていらっしゃる皆様に心からお見舞い申し上げます。さらには、医療や保険従事者として、本感染症の終息に向けてご努力をしていただいている方々、検査や医療用物資の供給に貢献していただいている事業者の皆様にも、感謝を申し上げます。

 日本では昨年末から感染収束傾向を認めていますが、海外でのラムダ株による再感染やオミクロン株の拡大が認められております。一方、3回目ワクチン推進による重症化予防や新たな治療薬の開発などの明るい兆しもあり、今年こそ、社会全体でこの感染危機を乗り越える必要性を痛感しております。

 一方、医療を取り巻く他の問題として、①高齢化がすすみ地域で医療を必要とする患者さんに適切な医療を提供できる、②医療財政のひっ迫に対し医療費の適正化を行い効率的に医療が提供できる、等を目的に国が進めてきています。いわゆる医療提供体制の三位一体改革(地域医療構想、医師の働き方改革、医師確保対策)がそれにあたります。その中で住民の皆様にとって最も影響するものが、地域医療構想と呼ばれるものですが、具体的には住民の皆様には“かかりつけ医“を決めていただき、日ごろの診療は近医のかかりつけ医で診療いただくとともに、病状に変化があった場合などに専門医にご紹介いただき、MRIなどの高度な検査をしたり、専門医が治療方針を決定したりする事により、効率的に医療提供体制を整える概念です。こうした診療の分担により、待ち時間の短縮や、精度の高い医療を実現するものではありますが、そのためにはまさしく医師確保対策が重要であります。しかし、国が示した当該施策の数字は単なる机上の数字であり、患者のアクセスの利便性や患者が求める医療の質(医療の高度化)に関しても十分な検討がなされていません。また、地域の方から求められる医療体制の確保には人材面や設備面で必ずしも十分でないことも認識しております。医師をはじめとした人材不足や、今回の新型コロナのように社会から求められる医療体制への柔軟な医療体制の変革は現実には非常に困難なケースも多く、本課題は未だ大きな問題が山積しております。当院では地域の皆様へ、病院の情報開示を丁寧に行い、地域住民の方々が、よりよく医療の選択ができるように努めてまいりたいと考えております。また、できる限りの人材確保や新しい医療の提供努力を行い、地域のニーズに合致した医療提供体制作りに変革していく所存でございます。

 本年は壬寅(みずのえ・とら)です。壬は妊につながり、“あたらしく種子が生まれる”、“はらむ”の意味を含みます。また壬は陰陽五行では水の陽(大きな水を示す)とされ、大河や海流のごとく流動性をもって柔軟に対応する様をあらわします。寅も「螾」(いん:「動く」の意味)が由来で、春が来て草木が生ずる状態を表しており、新しく立ち上がることや成長・発展を意味しております。今後、ウィズコロナ・ポストコロナの時代に向け、人材の育成や流動性を高め、さらに『デジタル化』、『グリーン社会への転換』、『安定したサプライチェーンの再構築』など新しい技術革新の種をまきつつ、 “寅は千里行って千里戻る”ごとく成長、発展していきたいと考えております。

 今後とも、当院へのご指導ご鞭撻の程をお願いして、新年のご挨拶並びに年頭の所感とさせていただきます。

令和3年4月1日院長 藤 久和