患者さんの権利と責務に関する宣言

患者さんの権利と責務に関する宣言

神戸掖済会病院は、医療の中心は患者さんであり、医療行為が患者さんと医療関係者との信頼関係の上に成り立つものであることを深く認識し、患者さんの権利をお守りすることを誓います。

2023年7月1日 院長

  1. 患者さんは、人権を尊重される権利があります。
  2. 患者さんは、最善の医療を平等に受ける権利があります。
  3. 患者さんは、検査や治療内容について危険性、他の方法の有無など十分に理解できるまで、説明を受ける権利があります。
  4. 患者さんは、自由な意志に基づいて、治療方法の選択、医療行為を拒否する権利があります。
  5. 患者さんは、受けている医療の内容について知るため、情報の開示を求める権利があります。
  6. 患者さんは、情報の秘密を守られる権利があります。
  7. 患者さんは、意思表示が困難な状態(認知のある方、小児、障害のある方など)であっても、医療従事者からの適切な配慮を受ける権利があります。
  8. 患者さんは、適切な診療を受けるため、必要な情報を出来る限り提供し、医療従事者とともに積極的に診療に参加する責務があります。
  9. 患者さん、ご面会の方は、病院の規則、療養に必要な指示事項に従う責務があります。