肝胆膵の疾患(がん)

外科

肝胆膵の疾患(がん)

肝胆膵の領域では、胆石症などの良性疾患と肝がん、膵がん、胆嚢がん、胆管がんなどの悪性疾患の治療を行っています。

高度な技術を要する手術にも積極的に取り組み、また手術が不可能な場合や手術以外を希望される方にも化学療法などの治療を行っております。

胆石(たんせき)・胆嚢炎(たんのうえん)

胆石症は、胆嚢に石がある状態を言いますが、石があれば必ず治療をしなければならないと言うわけではありません。痛み(発作)、炎症、腫瘍の疑い、などがなければ経過観察で構いません。

胆石症の治療は手術です。腹腔鏡下胆嚢摘出術という、大きく切らない手術が第一選択となります。ただし病状に応じて開腹術の適応となる場合もあります。また胆嚢炎は状況に応じて緊急腹腔鏡手術を行う方が、治療期間も短く済むことがありますので、患者さんの状態に合わせて最適な治療法をご相談させていただきます。

胆のうポリープ

胆のうポリープは多くの場合良性で、治療を必要としませんが、場合によっては悪性(がん)になるもの、あるいはその判断が出来ないことがあり、その場合はやはり手術の適応となります。健診などで指摘されることが多い病気ですが、治療が必要かどうかはご相談下さい。

肝臓がん

肝臓癌には主にウィルス肝炎の患者さんに出来る原発性肝癌と、他の臓器のがんが転移して出来る転移性肝癌があります。 それぞれで治療法はやや異なります。

原発性肝癌(肝細胞癌=HCC)の治療

HCCの治療は大きさ・部位・個数・肝機能などを考慮し、TAE,TACEと呼ばれるカテーテル治療、RFA(ラジオ波焼灼術)、PEIT(アルコール局所注入)、および手術を行います。根治性(治る確率)の高い治療は手術ですが、病態に合った治療を選ぶことが大切です。当院ではすべての治療を行っております。

転移性肝癌の治療

転移性肝癌は、主に手術が基本となりますが、手術以外にも肝動注と呼ばれる化学療法(抗癌剤)が選択できます。いずれも他の臓器の状態も重要ですが、今現在のところ、当科は積極的に手術を行っております。

膵臓がん

膵臓癌は難治性のがんで、唯一の根治治療は手術と言われています。しかし完全と思われる手術をしても再発が多いのも、この病気の特徴です。

膵臓がんの症状と診断

膵臓がんを考える症状は腹痛/黄疸/腰背部痛/体重減少/急激な糖尿病や糖尿病の悪化などがあります。また全く症状がなく、偶然発見されることもあります。診断はまず血液検査/超音波検査/腹部造影CTを行います。補助検査としてMRI/PET/ERP(ERCP)を行う場合もあります。

他の消化管のがんと異なり、細胞診断/組織診断にてがんの証拠が得られなくても手術を行う場合もあります。

膵臓がんの治療

前述の通り、唯一の根治治療は手術といわれていますが、膵臓がんでは発見の時点で手術をできない患者さんが大半であることも事実です。手術ができない場合はそれ以外の治療として化学療法を行います。2000年以降、塩酸ゲムシタビン(ジェムザールR)が使えるようになってから、膵臓がんの治療成績は明らかに良くなりました。

当院では手術が出来ない患者さん、手術後に再発した患者さんにジェムザールを積極的に使っています。それ以外にもTS1, UFTなどの選択肢もあります。また放射線化学療法を施行する場合は近隣の病院と連携して放射線治療を併用する場合もあります。

膵臓癌の手術

膵臓癌は、病気の場所により手術方法が異なります。主に膵臓の頭と呼ばれる部位に出来た場合は膵頭十二指腸切除術、膵臓の尾っぽと呼ばれる部位に出来た場合は膵(体)尾部切除を行います。

胆道がん(胆嚢がん、胆管がん)

胆道がんの症状と診断

黄疸や右上腹部痛(みぞおちの痛み)です。その他悪心や発熱、体重減少などがありますが、全く無症状で発見される場合もあります。診断はまず血液検査(胆道系酵素、腫瘍マーカー)/超音波検査/腹部造影CTを行います。補助検査としてMRI/ERP(ERCP)を行う場合もあります。

また黄疸(体や尿、目が黄色くなる)があった場合は治療と診断を兼ねて経皮経肝胆管ドレナージ(PTCD)や内視鏡下逆行性胆道造影(ERC)を行います。

胆道がんの治療

外科切除が可能であった場合は手術をお進めしますが、手術が不可能であった場合、あるいは手術を希望されない場合は胆道ステント、化学療法、放射線療法を行います。

胆道癌の手術

胆道がんは、その腫瘍の場所により手術が異なります。肝臓の中の胆管だけが悪いときは肝臓切除術とリンパ節廓清を行いますが、肝外胆管に病変があるときは膵臓などの臓器の合併切除を行います。また胆嚢がんの場合はその進行度に応じて胆嚢摘出術から膵頭十二指腸切除に至るまで、様々な術式を行います。

胆道がんの進行は比較的早いといわれており、診断から治療までスムーズに行うことが肝要です。黄疸を指摘されたり(黄疸は自分では気づかず、他の人に指摘されることが多いです)、検診などで肝機能障害などを指摘された場合は速やかにご相談ください。

胆嚢がん

胆嚢癌の手術

膵臓癌は、病気の場所により手術方法が異なります。主に膵臓の頭と呼ばれる部位に出来た場合は膵頭十二指腸切除術、膵臓の尾っぽと呼ばれる部位に出来た場合は膵(体)尾部切除を行います。