不整脈

循環器内科

不整脈

不整脈とは?

図.伝導路

不整脈は脈の打ち方がおかしくなった状態を意味し、この中には異常に速い脈(頻脈)や遅い脈(徐脈)も含まれます。脈とは、心臓から押し出される血液の拍動が血管に伝わって感じられます。もし心臓のリズムに異常が起きれば、脈は乱れてしまいます。

では、そのリズムは何によってコントロールされているのでしょうか。心臓は筋肉でできた臓器で、その筋肉に電気が流れて興奮し、動く仕組みになっています。心臓でどう電気が伝わっていくかを示したのが下図です。心臓の上の方にある「洞結節」というところで電気刺激がつくられ、電気の通り道(これを「伝導路」と呼びます)を通って心臓全体に流れ、その電気に反応した筋肉が収縮するようになっています。

不整脈は心臓に流れる電気の生成異常や刺激が伝導路をうまく伝わらないことによって起こってきます。

どんな症状が現れるのか?

一般的には、ドキドキと動悸がしたり、脈をとってみると、異常に遅かったり、逆に速すぎたり、または飛んだり、不規則になったりして不整脈に気付きます。しかし、自分ではまったく気がつかないのに、会社で行われる定期健康診断や児童・生徒を対象とした学校心臓検診などで発見されるような無症状の場合もあります。更には、重症な不整脈を持った人では胸苦しい・嘔吐・嘔気・呼吸困難・疲れやすいなどの症状に加えて、失神・めまいなどの症状が見られることもあります。このように一概に不整脈といっても、その種類や心臓の状態によって様々な症状がもたらされます。

なぜ不整脈が起こるのか?

不整脈は心臓が悪いから起こるのかというと、実は必ずしもそうではありません。不整脈の原因として最も多いのは、年齢に伴うものや・体質的なもの、つまり心臓病には関係しないものです。年をとるにつれ誰でも少しずつ不整脈が増え、また、ストレス・アルコール・睡眠不足・疲労などでも不整脈は起こりやすくなります。そういう意味では、誰にでも起こりうるものだとも言えます。特に検診で不整脈だけ見つかり自覚症状がない場合は、病気とは関係のない不整脈であることがほとんどです。

しかし、心筋梗塞・拡張型心筋症・肥大型心筋症・弁膜症等の何らかの心臓病を有していると、二次的に電気系統の異常が生じて、不整脈が出やすくなるのも事実です。弁膜症を例にしてみると、心房や心室が大きくなって電気の流れがおかしくなり、脈が乱れやすくなります。また、高血圧の人・肺に病気がある人・甲状腺に異常がある人も不整脈が出やすくなります。

不整脈の種類は?

不整脈には大きく分けて3つの種類があります。(1) 脈が飛ぶ「期外収縮」、(2) 脈の遅くなる「徐脈」、(3) 脈の速くなる「頻脈」です。

(1)期外収縮 心房性期外収縮
心室性期外収縮
本来、電気の生じる場所以外から早めに刺激が出てくるために起こる現象です。この刺激が心房から出る場合には心房性期外収縮、心室から出る場合は心室性期外収縮と呼ばれます。
(2) 徐脈 洞機能不全症候群
房室ブロック
心臓の中で電気がつくられなくなったり、途中でストップしたりするために起こります。徐脈をきたす病態として、洞不全症候群・房室ブロックがあります。
(3)頻脈 心房頻拍
心房細動、粗動
発作性上室性頻拍
心室頻拍、心室細動
WPW症候群
電気が異常に早くつくられるか、異常な電気の通り道ができて電気の空回りが起こるために発生します。頻脈をきたす病態には、心房細動・粗動・発作性上室性頻拍・心室頻拍・心室細動・WPW症候群などがあります。また心房細動・粗動には血栓という血の塊が心房内にでき、それが原因となり脳塞栓を起こすことがあります。

不整脈の検査方法は?

普通の安静時12誘導心電図検査を中心に、胸部X線・血液検査・心臓超音波検査、さらにホルター心電図運動負荷心電図心臓電気生理検査などによって行います。心臓電気生理検査以外は、痛みは伴わない検査です。

安静時12誘導心電図検査

最も一般的で、基本的な心電図検査です。ベッドの上に静かに寝て、心電図を記録する検査です。12ヵ所の異なる場所の心電図を記録し、不整脈の有無、心筋障害の有無などを調べます。

ホルター心電図(24時間心電図検査)

安静時12誘導心電図でも運動負荷心電図でも検査時間は30分くらいです。残りの23時間30分の様子は、安静時12誘導心電図や運動負荷心電図検査ではわかりません。そこで、1日分の心電図をテープに記録する検査が、ホルター心電図検査(24時間心電図検査)です。1日分の心電図を解析し、どんな不整脈が、いつ・どの程度みられるか?不整脈が見られる時の生活活動状況は?不整脈と症状の関係などを明らかにするためにホルター心電図検査(24時間心電図検査)が行われます。ホルター心電図検査から得られる情報は、治療の必要性を判断するのに大変貴重な情報となります。ホルター心電図検査(24時間心電図検査)は、治療計画ばかりでなく、不整脈の進行の有無や不整脈を治療する薬の効果を確認するためにも行われます。

運動負荷心電図

運動負荷心電図検査は、ベルトの上を走ったり(トレッドミル運動負荷検査)、自転車をこいだり(自転車エルゴメーター運動負荷心電図検査)、階段を昇り降りしたり(マスター運動負荷心電図検査)して、運動前後に心電図を記録します。運動負荷心電図は、不整脈を持った人がどの程度の運動をしてよいか、日常生活で制限が必要かなどを決めるために行われます。静かにしている時(安静時)には軽い異常しか見られない不整脈でも、運動すると悪化したり、逆に静かにしている時(安静時)には重いと思われた不整脈でも、運動すると軽快することがあります。運動すると悪化する人は、運動や日常生活で制限が必要で、運動すると軽快する人は、運動や生活で制限をする必要ありません。

心臓電気生理検査

心臓内に必要な数の電極カテーテルを留置し、洞結節(心臓の電気を発生するところ)機能、房室結節(心臓の電気の通り道)機能など刺激伝導系の機能を評価する検査で、諸検査にても徐脈の原因がはっきりしない時等に行われます。他に心室頻拍の誘発診断やその他の頻脈の原因となる心臓内の経路の詳しい検査としても行われます。

不整脈の治療法は?

(1) 薬物治療

よく効く抗不整脈薬も次々開発されており、それらによって不整脈そのものを緩和、停止、予防していきます。また、抗血栓薬など不整脈の合併症を予防する薬剤などもあります。

(2) 非薬物治療
ペースメーカー

徐脈に対してペースメーカーを体内に植え込むことで、健康な人と変わらない生活ができるようになってきました。ペースメーカーは遅くなった自分の脈の代わりに、心臓の外から電気刺激を与える装置です。この装置を植え込む手術は肩の皮膚の下に電気刺激を発する小さな本体(電池)と、その刺激を心臓に伝えるリード(電線)を入れるだけですから、局所麻酔で簡単にすますことができます。

カテーテルアブレーション

頻脈にはカテーテルアブレーションという方法が開発され、手術せずに治せるようになってきました。細い管(カテーテル)を心臓に入れて、その先端から高周波を流し、頻脈の原因になっている心臓の筋肉の一部を焼くことによって不整脈を起こさないようにします。

植え込み型除細動器

重症心室頻拍、心室細動の致死的不整脈の危険が持続する病態に対しては、それを自動的に感知して止めてしまう装置(植え込み型除細動器)がペースメーカーとほぼ同じ要領で体内に植え込みを行えるようになっており、その適応も検討されます。

この10年間で不整脈の治療法はめざましく進歩しています。上記薬物治療のみ、非薬物治療のみ、またはそれらを組み合わせた治療によって、ほとんどの不整脈を治せるようになってきています。