脳神経外科

脳外科

診療スケジュール

午前診

2020年11月29日現在 

1診 林 真人
(9:30~)
富永 貴志
(9:00~)
駒井 崇紀
(9:00~)
中嶋 千也
(9:00~)
宮田 至朗
(9:00~)
2診
樋上 真之
(9:00~)


安田 貴哉
(9:00~)

午後診

 

※午後診は閉鎖いたしました。

休診・代診のお知らせ

宮田医師の2020年12月25日(金)の診察は休診です。

 

診療科の特徴

脳神経外科が扱う主な疾患として、脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)、頭部外傷やけいれん発作などの救急疾患、または脳腫瘍、脊椎脊髄疾患、三叉神経痛や顔面痙攣、水頭症などが挙げられます。これらにより頭痛、めまい、顔面や手足のしびれ・痛み・麻痺、歩行障害、呂律困難、視野障害、認知症状、意識障害など様々な症状が生じます。当科ではこれらの疾患に対し、診察、検査、内科的あるいは外科的な治療、リハビリを行っています。

特に脳卒中には力を入れており、24時間365日救急対応をしています(神戸市第2次救急病院です)。脳梗塞急性期では1秒たりとも治療の遅れが許せないため、CT,MRI,血管撮影装置をそれぞれ2台整備し、t-PA静注療法や血栓回収術などの治療を迅速に開始しています。また頚動脈狭窄症に対しては血栓内膜剥離術あるいは頚動脈ステント留置術を、破裂あるいは未破裂脳動脈瘤に対しては開頭クリッピング術あるいはコイル塞栓術をなど、病態に応じて最適な治療法が選択できるよう体制を整えています。

脳卒中急性期の治療と並行して発症早期からリハビリを行っておりますが、更なるリハビリや長期療養が必要な患者さまには、近隣の回復期リハビリテーション病院や療養型病院へスムーズに転院できるよう退院支援室のスタッフがお手伝い致します(神戸広域脳卒中地域連携協議会に加入しております)。

脳腫瘍や脊椎脊髄疾患に対しては、手術用顕微鏡、ナビゲーションや神経モニタリングを駆使し、安全で質の高い手術を心がけています。手術後に放射線治療や化学療法などが必要な患者さまには、近隣の治療可能な医療機関へ適切に紹介させていただいています。

脳卒中後の上肢および下肢の痙縮や顔面・眼瞼けいれんに対しては、ボトックス治療も行っています。顔面けいれんや三叉神経痛に対しては神経血管減圧術も行っています。

認知症に対しては、神戸市認知症診断助成制度の実施医療機関(第1段階および第2段階)であり、認知症サポート医を中心に検査、治療を行っています(要予約)。また入院患者さまに対しては、認知症せん妄ケアチームによるチーム医療も実践しています。

 

疾患の更に詳しい内容は日本脳神経外科学会ホームページの疾患情報ページへ→http://square.umin.ac.jp/neuroinf/medical/index.html

最新の血管撮影装置を導入しました(令和2年4月導入)

この度当院では、最新の血管撮影装置(PHILIPS 社製Azurion 7 B20/15)を導入しました。従来の装置と比較し、被爆放射線量の低減(最大73%)を実現しながらも高画像が得られます。また正面および側面の2方向を同時に連続撮影することで検査時間や造影剤の使用量が大幅に減り、患者様への身体的負担を軽減します。
血管撮影装置が2台体制となりましたので、治療の遅れが許されない急性心筋梗塞に対する血管形成術や脳梗塞急性期に対する血栓回収術などが常時施行可能となりました。加えて、従来から行なっている不整脈に対するアブレーションや脳動脈瘤に対するコイル塞栓術なども、より安心で安全な治療を行なってまいります。

最新の手術支援ナビゲーションシステムを導入しました(令和2年9月導入)

令和2年度公益財団法人日本財団の助成金交付を受け、「手術支援ナビゲーションシステム」を導入しました。
脳外科および脊椎脊髄手術において、より正確で安全に手術を行うことができ、手術時間の短縮および患者さんへの身体への負担緩和につながります。
今回導入した機器はMedtronic社製の『StealthStation S8』という最新機種です。

術前に検査した頭部や脊椎脊髄のCTやMRIのデータを本体あるいはワークステーションに取り込んでおきます。専用のプローブで手術時に患者さんの顔面や頭部をなぞることにより(脊椎脊髄の場合は術野に出した脊椎に器具を取り付けます)、位置情報を術前に取り込んだ画像データと一致させます。この機種では赤外線カメラを用いる光学式と磁場発生装置を用いる磁場式の二つのナビゲーション方法を選択することができ、様々な手術方法に柔軟に対応します。脳の手術では、脳腫瘍などの病変の位置を術中に正確に把握することで、周囲にある正常な脳・血管・神経線維などを傷つけることなく摘出することができます。

また脊椎脊髄の手術では、術野にある骨の位置を確認するため、今までは術中にレントゲンを撮影する必要がありました。ナビゲーションを利用することでその手間が省け、手術時間の短縮につながります。またスクリューなどを骨に挿入する前にシュミレーションすることが可能で、安全に挿入して固定することができます。

スタッフ紹介

常勤医

副院長:中嶋 千也 (なかしま かずや) 平成6年卒
専門分野
脳神経外科全般・脳卒中・脳腫瘍
資格・専門医
  • 医学博士
  • 日本脳神経外科学会専門医・指導医
  • 日本脳神経血管内治療学会専門医
  • 日本脳卒中学会専門医・指導医
  • 日本神経内視鏡学会技術認定医
  • 日本脳卒中の外科学会 技術指導医
 
部長:富永 貴志 (とみなが たかし) 平成10年卒
専門分野
脳神経外科全般・脳卒中・脊椎脊髄疾患
資格・専門医
  • 医学博士
  • 日本脳神経外科学会専門医・指導医
  • 日本脳卒中学会専門医・指導医
  • 日本脊髄外科学会認定医
  • 日本脳卒中の外科学会 技術指導医
  • 脊椎脊髄外科専門医
 
医長:林 真人 (はやし まさと) 平成11年卒
専門分野
脳神経外科全般・脳卒中・末梢神経疾患
資格・専門医
  • 日本脳神経外科学会専門医
 
医長:宮田 至朗 (みやた しろう) 平成14年卒
専門分野

脳神経外科全般・脳卒中疾患

資格・専門医
  • 医学博士
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳卒中の外科学会 技術認定医

 

医員:駒井 崇紀 (こまい たかのり) 平成23年卒
専門分野
脳神経外科全般
資格・専門医
  • 日本脳神経外科学会専門医

 

 
医員:安田 貴哉 (やすだ たかや) 平成25年卒
専門分野

脳神経外科全般

資格・専門医
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳神経血管内治療学会専門医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本神経内視鏡学会技術認定医

 

 
医員:樋上 真之 (ひがみ まさゆき) 平成30年卒