下肢静脈瘤に対する高周波カテーテル治療(ラジオ波による血管内焼灼術)の導入

外科

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤に対する高周波カテーテル治療(ラジオ波による血管内焼灼術)の導入

下肢静脈瘤に対する高周波カテーテル治療、またはラジオ波を用いた血管内焼灼術が2014年6月より保険適応となりました。当院でも、この技術を導入して治療しています。エコーで観察しながら専用のカテーテルを静脈瘤に入れていき不要な瘤の部分を内側からつぶしてしまう治療です。従来のレーザー治療より、カテーテルの温度が超高温にならないため術後の痛みや周りの組織への影響が少ないとされています。基本は日帰りで、手技は30分ほどで部分的な麻酔で行いますのでとても楽に治療を受けてもらえると思います。エコー検査で静脈瘤の走行を見て適しているかを調べたうえで治療をします。下肢静脈瘤による不快感やその他の様々な症状でお悩みのかたは一度血管外科外来(毎週火曜日)でご相談ください。